騙されちゃダメ!健康番組で「ヤバい食品」をおすすめしている

f:id:Lemoncandy:20190304163446j:plain

テレビはどこまで信用できるのか?

テレビはどこまで信用できるのでしょうか?

あの箱の中から発信される情報は、その中で働いているごく一部のシナリオライターが描く、一部の世界でしかありません。あるいは真実のほんの一部でしかないという可能性もあります。

明らかに体に悪いコンビニ食をおすすめしている

ポテチとマヨネーズとカップ麺ってどんだけ体に悪いか想像したらぞっとしますよね。

添加物だらけなうえ、カロリー高すぎ、保存料たっぷり、カップめんなんてもはや食べ物の原型をとどめていないですから。(加工しすぎて素材がなくなっている)

そんなの足して健康法とか笑えてきます。

ハナタカさんではカップ麺にプリンをぶちこんで混ぜて芸能人が「おいしい」とか言ってましたけど、絶対ウソでしょ。

北斗晶なんか「くそまずい」と本音を漏らしてましたし。

グルテンフリーによって日本が小麦を買わなくなったらアメリカからにらまれる!

貿易においてアメリカの奴隷だと揶揄されている日本。アメリカは遺伝子組み換えによって体に悪い癌の元である小麦を自国の賢い消費者(ほぼ全員)が消費してくれなくなったので、それらのゴミは外国(日本)へ輸出して儲けようというパターンです。

小麦が怖いのは、なぜか?それは今の小麦は「小麦ではないから」です。

本来の小麦とは程遠い、遺伝子組み換えした食品。野菜の遺伝子組み換えと違って穀物の遺伝子組み換えはもっと恐ろしいです。

それで海外はグルテンフリーしてますし、化粧品だってグルテンフリーブランドがたくさん。もはやグルテンフリーじゃないと化粧品は売れない世界です。

テレビや雑誌などの安っぽい情報にだまされてないでしっかりと体にいいものを食べないと大変な世の中です。